空への情熱は世代を超えて

空への情熱は世代を超えて

写真=末本圭子 文=石田匠

日本記録の樹立、そして激動の時代へ

10月から連続テレビ小説「舞いあがれ!」が始まりましたね。福原遥演じるヒロインが空に憧れ、パイロットを目指すストーリーです。今宿のおとなり徳永にも、空に魅せられた方がいるのをご存知ですか?九州航空宇宙協会の副会長を務める前田建さん(82)にお話を伺うと、そこには時代の波に翻弄されながらも親子二代に渡って飛行機製作に没頭した父と子の、知られざる情熱の物語がありました。

父:前田建一氏は明治36年に福岡市内に生まれました。小学生の頃から当時まだ珍しかった飛行機に夢を抱き、翼をつけた自転車で立ち木に衝突したというエピソードも。当時九州帝国大学工学部の学生だった佐藤博九大航空名誉教授と出会い、意気投合した2人は「九州航空会(現:九州航空宇宙協会)」を設立し、空に夢を抱く若者たちと共にグライダー製作の道を歩み始めます。

グライダーとは動力を持たない飛行機であり、トビのように上昇気流を捕まえて空を舞います。長く飛ぶためには設計に極限の工夫が求められ、前田氏を虜にしました。圧倒的な熱量をもって設計した「前田式703型」は昭和16年に13時間41分飛行し、飛行時間の日本新記録を樹立しました。しかし純粋な記録への挑戦としての意味合いが強かったグライダーにも、時代の波が押し寄せます。彼らの技術力は陸海軍に評価され、軍需産業の一端を担います。現在九州航空宇宙協会の工房がある徳永で作られたグライダーは、新米操縦士が戦闘機に乗る前の訓練機や、戦地での輸送手段として用いられました。飛行機工場の隣には元岡飛行場があり、操縦訓練や試験飛行に使われていたそうです。

前田式703号

戦後、晩年は若者たちの空への夢を掻き立てることに尽力しました。心臓が弱りながらも高校生と人力飛行機を製作して世界記録に挑み、昭和44年に初飛行に成功した翌年、この世を去りました。戦前、戦中、戦後と飛行機に求められる役割が大きく変化する中でも追い求め続けた空への熱い想いは、数多くの学生や航空技術者、そして息子:前田建氏に引き継がれる事となります。

受け継がれた空への夢

前田建一氏の息子:建さんは昭和15年に生まれました。少年時代の父が飛行機に自らの夢を託したのとは対照的に、幼い頃の建さんにとって飛行機は戦争の道具でした。昭和20年の福岡大空襲の時に、戦火の中で見上げたアメリカ軍のB-29の姿が脳裏に焼き付いていると言います。程なくして終戦を迎えますが、GHQより航空機の研究や製造を禁止される「航空禁止令」が下され、父の工場の機体や設計図は全て焼き払われてしまいました。

夜明けは昭和26年に訪れます。父は航空禁止令解除と同時に、九大航空学科の教授となった佐藤先生と西日本航空協会を設立し、グライダー製作を再開しました。建さんは父の航空機製作の熱量に圧倒されつつも、作業を手伝ううちに技術が身につきました。その後海洋土木会社に就職した建さんに転機が訪れたのは平成11年の事でした。青森の航空史料館に展示する機体「航研機」の復元作業を手伝って欲しいとの声が掛かったのです。機体を全て金属やカーボンで作るのが主流の現代において、航研機の特徴である布張りの翼を復元できる人は建さんしかおらず、白羽の矢が立ちました。これを契機に、退職後は様々な名機の復元作業に専念します。作業場には空に魅せられた男たちが集い、平成15年には人類初の動力飛行に成功したライト兄弟の「ライトフライヤー号」を復元させます。 

また現在、建さんは子ども達に飛行機の奥深さを伝える活動に取組んでいます。今夏福岡市科学館で開催された「ヒコーキ展」では、主翼のリブという部品を子ども達とつくるワークショップを、3ヶ月に渡って開催しました。と語ります。

ドローンや電動飛行機など空の乗り物は多様化する一方、日本で航空技術者が活躍できる場面は必ずしも多くないのが現状です。空に夢を抱き、飛行機を自分の手で作りたいと思う若者が増えて欲しいと願っています。

前田さん親子が二代に渡って撒いた種が、空を目指す子供達の夢を後押しし、いつの日か彼らの作った飛行機が大空を舞う日が来るといいですね。

自作のリブを持つ前田建さん

KaoiSurfオーナーが語る、今宿の海の魅力とは?

KaoiSurfオーナーが語る、今宿の海の魅力とは?

写真=末本圭子 文=石田匠

1984年のロサンゼルスオリンピックで初めて種目として採用され、2021年の東京オリンピックでも正式種目となったウインドサーフィン。江ノ島や海外で盛んなカルチャーと思われがちですが、今宿の海でも天候の良い日には颯爽と海上を駆け抜けるウインドサーファーを見つけることができます。今回は、今宿の海辺に店舗を構える「KaoiSurf(カオイサーフ)」代表の帆足明(ほあしあきら)さんに、今宿のウインドサーフィン事情や、ウインドサーフィンの魅力を聞いてきました。

ウインドサーフィンとの出会い。

ウインドサーフィン(以下、WSF)とは帆のついたサーフボードに乗り、風を使って水面を走るマリンスポーツです。帆足さんが初めてWSFと出会ったのは、高校1年生の時。道具一式を知人から10万円で譲って貰えることになり、決して安くない金額ですが「面白そうなことにチャレンジしてみたい!」という気持ちで購入を決めたそうです。

今宿には当時からマリンスポーツのお店があり、福津市などと並んで福岡のWSF文化の中心地でした。週末は自宅から今宿の海に通い、WSFにのめり込むようになります。高校卒業後も空いている時間を全てWSFに費やすため、ショップのオーナーのもとでアルバイトをしながら海に出る日々を送り、コンテストにも出場するようになります。

お店の前に広がる博多湾

プロ選手を諦め、サーフショップ経営の道へ。

全国各地の大きい大会に出場し、結果を残すようになった帆足さん。21歳の時には与論島に渡り、スキルアップを目指して修行したそうです。しかし、プロ選手を目指す中で限界を感じるようになっていたと言います。

どんなマイナースポーツでも、上には上がいます。プロ選手になるのはちょっと違うかな、と考えるようになりました。

そこで、自身が選手として活躍するのではなく、ビジネスとしてWSFに関わる道を目指します。今宿で道具販売やインストラクターに従事したのちに、店舗経営を引き継ぎ独立しました。

ウインドサーフィンの魅力を、より多くの人に。

帆足さんが「KaoiSurf」を独立開業してから18年が経ち、同じ建物の中でサーフショップ以外にもテイクアウトバーガーショップ、レンタサイクル店も経営しています。また今宿花火大会の日には隣の駐車場でライブイベントを企画するなど、今宿のビーチサイドを盛り上げる中心的存在になりました。最近では、ボードの上でヨガをするサップヨガも企画しています。新たにお店を訪れるお客さんの数も、九州大学伊都キャンパスの移転に伴って増えたと言います。

今宿・九大学研都市エリアの発展に伴い、お客さんもお店の近くに住む人が増えました。自宅から海が近いと、1日の始めに海に出てから仕事に向かうなど、マリンスポーツを趣味からライフスタイルの一部にすることができます。そんな価値観を広めていきたいです。

KaoiSurfの外観

また帆足さんは指導者としての一面もあります。新しくWSFを始める方にレッスンすることはもちろん、福岡県のタレント発掘事業で選ばれた子どもたちの受け入れも担当されており、多くの子どもたちが選手として活躍する日を夢見て今宿の海で腕を磨いています。

子どもの時にスポーツに打ち込んだ経験は、大人になってから大きな意味を持つと考えています。WSFと真摯に向き合った日々に価値があったと振り返られるような経験を積んでほしいという思いで、ユース世代を指導しています。

WSFの楽しみ方は人それぞれ。競技として技を極める以外にも老若男女が楽しめる生涯スポーツであり、風を読み自然との一体感を味わいながら海上を滑る爽快感はWSFならではの大きな魅力です。今宿は湾内で波も低く、安全にWSFを楽しめるため、初心者の方にもぴったりのフィールドです。まずは、お手軽なSUPから始めてみるのもおすすめだそうです。体験も行っているので、マリンスポーツに興味がある方は、是非「KaoiSurf」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

KaoiSurf代表 帆足明さん

【受付終了】[12/10(金)]天体観望会を実施します!

【受付終了】[12/10(金)]天体観望会を実施します!

今宿上ノ原にて、天体観望会を開催します!
今宿在住の天文愛好家と、九州大学で航空宇宙工学を専攻している学生と一緒に、遠い宇宙に思いを馳せてみませんか?

\こんな人におすすめ/
●宇宙が好きな人
●天体望遠鏡で、惑星や月を観察してみたい人
●冬の星座を見つけられるようになりたい人

開催概要

講師山口 喜久雄
石田 匠
日時12月10日(金)19:00~20:00
(天候不順の場合、11(土)に順延)
場所叶嶽神社駐車場
定員10組(1組3名まで)
料金無料
参加方法事前申込制です。ページ最下部に表示されている申し込みフォームよりお申込みください。
申し込み状況(12/10時点)定員に達したため、受付を終了しました。

申し込みフォーム:https://forms.gle/28Y8HwoTDJtBegTg6

今宿駅前の巨大な工場「三菱電機パワーデバイス製作所」の内部に迫る!

今宿駅前の巨大な工場「三菱電機パワーデバイス製作所」の内部に迫る!

写真=石田匠 文=石田匠

 今宿駅のすぐ近くにある「三菱電機パワーデバイス製作所福岡」。今宿駅を利用する際に目に入るため、存在を知っている方は多いかも知れませんが、どんな人が働いているのか、どんな製品を作っているのかはあまり知られていません。今回、三菱電機パワーデバイス製作所について総務部の冲永さんにお話を伺いました。

そもそも、何を作っている工場?

まずは単刀直入に、どんなものを作っているのか教えてください。

ここの工場で製造しているのは、”パワー半導体”というものです。パワー半導体は、身近な自動車や鉄道、家電だけでなく、産業用ロボットや太陽光発電、風力発電など様々な製品に搭載されており、この分野で三菱電機は、業界トップシェアを誇っています。そして、パワー半導体は、電力を効率良く制御する働きを行い、省エネ化に貢献しています。

パワー半導体

なるほど。私達の生活を支えてくれている、大事なデバイスを作っていたんですね。でもどういう経緯で、今宿に工場ができたのですか?

今宿に三菱電機の工場ができたのは、戦時中の1944年に遡ります。当時は探照灯(サーチライト)を製造していました。ここに工場を作った理由として、今ほど住宅地が広がっておらず広い土地が確保できたこと、また近くには大都市圏があり、働く人も確保できたことなどが挙げられます。

1944年頃の福岡工場

戦後も三菱電機福岡製作所として、電動機・電気ホイスト・電動工具などを製造してきました。従業員には、男性は設計・製造、女性は検査など役割分担のもと、今宿の方も多く働かれていたようです。そして1970年代からは、いよいよ今に繋がるICチップ(半導体デバイス)の製造を開始しました。九州はシリコンアイランドと呼ばれるほど、全土でICチップの製造がさかんですが、その皮切りとなったのが三菱電機です。

三菱と今宿のつながり

たしかに、中学校の社会科で、「九州はシリコンアイランド」と学んだのを思い出しました!従業員のみなさんと今宿地域には、現在はどんなつながりがあるのですか?

去年に引き続き今年も開催できませんでしたが、”玄菱会(げんりょうかい)”という夏祭りを、今宿の三菱グラウンドで毎年行っています。従業員が焼きそばなどの露店を出店し、地域住民の方も多く足を運んでくれます。また、長垂海岸のビーチクリーンも実施しています。

夏祭りの様子

東京、大阪にも事務所や工場を構える三菱電機ですが、福岡工場は人気の赴任先です。物価も安く、ご飯が美味しいので、私も満足しています。家族で暮らしている人は、九大学研都市や姪浜、西新から通勤している人が多いですね。

福岡工場ならではの魅力としては、どんなものがあるでしょうか?

自然が豊かなことが挙げられますね。週末は子ども連れの社員向けのイベントとして、野外活動センターでアクティビティをするイベントもありました。また、工場の中も自然の豊かさを保つ努力をしています。敷地内には旧松本川が貫いています。工場周辺の川は護岸工事が進み、かつての生態系は失われつつありますが、工場内の川は昔からの姿をそのまま保っています。メダカも泳いでいて、社会科見学に来た小学生にも見てもらっています。

工場内を流れる旧松本川

自然豊かな工場から、私達の生活に欠かせないものづくりをしていたのですね。本日はありがとうございました。

(取材後記)
 工学部出身のわたしは、技術を社会にわかりやすく伝える手助けをできれば、という思いで今回の取材を担当しました。今宿を代表する大企業の方へのインタビューは、いかがだったでしょうか?気さくにお話を聞いてくださった冲永さん、本当にありがとうございました。

参考リンク

プロジェクトME 福岡県パワーデバイス製作所編

3.11を機に、東京から福岡へ移住。今宿で目指すあたらしい”豊かさ”

3.11を機に、東京から福岡へ移住。今宿で目指すあたらしい”豊かさ”

写真・文=石田匠
写真提供=須賀大介さん、Smart Design Association

福岡移住計画代表 須賀大介さん

東京で起業した後、2011年に福岡に移住した須賀大介(すがだいすけ)さん。現在は株式会社スマートデザインアソシエーション代表取締役として、今宿の海沿いにあるシェアオフィスSALTなどを経営しています。

シェアオフィス SALT

“大震災をきっかけに、東京から福岡へ。”

須賀さんが生まれ育ったのは、茨城県水戸市。幼い頃は近所の人から食材をもらったり、地域行事に参加したりするのが当たり前の環境だったといいます。高校まで水戸市で育ちましたが、より洗練された環境を求めて大学から上京。

26歳のとき東京でIT企業を起業しました。景気の波に左右されながらも10年間かけて会社は少しずつ大きくなり、社員も40人まで増えたとき、東京での生活を一変させるできごとに襲われました。東日本大震災です。

インドでの会社の拠点づくり
東京時代のご家族

東京で追求していた豊かさとは、お金を稼ぐことでした。しかし震災でインフラが麻痺し、水も買えない状況に陥ったとき、お金があっても買えないものがたくさんあり、経済のもろさを実感しました。

大震災を契機に、それまでのお金に依存する生き方が本当に良いのだろうかと思うようになり、ずっと東京暮らしを続けていくことに疑問を抱きました。そんなとき、水戸で過ごした子ども時代のコミュニティの原体験の記憶を思い出して、「今後は地域に還元し、エネルギーをもらい、良い仕事をつくり上げていきたい」と感じるようになり、移住先を検討するなかで福岡を訪れたのが、今宿との最初の出会いでした。海の色と人のやさしさが、引っ越す決め手になったといいます。

キャンプをする須賀さん

“今宿から提案する、あたらしい生き方。”

福岡に移住してからは、遊びや趣味の時間を大事にするようになりました。お金を稼ぐために深夜までがむしゃらに働いていた東京時代とは大きな変化です。

最近は息子とキャンプをしたり、アウトドアを楽しんだりしています。高祖山に登って寝たり、渓流釣りや海釣りも楽しめたり。今宿は、足下の豊かさを感じられる地域です。

最近では、TOYOTA・近畿日本ツーリストと一緒にSALTでのワーケーションプログラムを作るなど、大企業との共創・共働も増えています。震災から10年。コロナ禍を経て、都心から地域に目を向ける流れが再び加速している今、自分の手で自然と向き合いながら働く豊かさを、改めて今宿から都市圏へ提案しています。

自然環境と寄り添いながら仕事をすると、売り上げのためではなく幸福のために働くようになり、長期的なビジョンが見えるようになりました。また、趣味や余暇を楽しむことで発想も豊かになります。この良さを、企業や移住したい人に発信していきたいです。

スマートデザインアソシエーションのWEBサイトはこちら
シェアオフィスSALTのWEBサイトはこちら