「なぎさ号」バス停の新しいサインに関する調査活動

今宿プロジェクトの活動の一環として、2020年度より、今宿地域の生活の足である乗合バス「なぎさ号」の利用を促進するために、バスツアーの企画や、ユニバーサルデザインの視点で、バス停サインのリデザインなどを行ってきました。新しいバス停サインに関し、地域住民、来訪者、外国人などの実際の利用者が、新サインをどのように感じているか等を把握するため、2021年10月23日(土)、情報、及びデザインのフィードバックの獲得を目指し、利用者へのインタビューをはじめとした、現地調査を実施しました。

調査

当日は、心地よい秋晴れの中、地域の高齢者、外国人、大学生、行政からの参加者など、合計14名の方々に今宿駅前にお集まりいただきました。なぎさ号今宿駅の新旧のバス停サインを比較しながら、参加者それぞれの視点からアンケート調査、及びインタビュー調査を行いました。
その後、実際になぎさ号に乗車し、今宿野外活動センター駅に移動。リデザインした異なるタイプのバス停サインの調査も同時に行いました。移動中には、停車時にバス運転手へのインタビューも実施しました。

ディスカッション

より詳しい内容、深いインサイトを得るため、現地調査後、今宿野外活動センター会議室にて、ディスカッションを行いました。
参加者は付箋を使って、アンケート以外の内容や気づき、また今宿プロジェクトに関するアイデアをどんどん書き出し、多様な視点からのディスカッションが活発に行われました・ 今後、更に多くのバス利用者の調査を行う予定で、今回のものと合わせて調査結果をまとめ、あらためて報告する予定です。

本活動を通じて、バスの利用者の促進だけではなく、地域住民の繋がり、コミュニティの構築をも期待しています。

「今宿プロジェクト」楽しく学べるワークショップ講座 その3「取材をやってみよう!」

みなさん、今までに誰かにインタビューをして記事や文章を書いたことがありますか?その時、上手にインタビューできましたか。上手に記事を書けましたか。

今年度「今宿プロジェクト」の一環として、今宿地区の「よかとこ」を発見・発信するためのライティング講座を計5回に渡っておこなっています。第一弾「子どもが誇りに思える地域ブランディング」、第二弾「すぐに書かない文章講座」に続き、9月3日に、第三弾の「取材をやってみよう!」がおこなわれました。

この講座は、地域の人々が実際に顔を合わせながら、グループで取材の練習をしたり議論したりする予定でした。しかしながら、新型コロナウイルス蔓延防止の観点から、急遽オンライン開催に変更となったものでした。オンラインツールに不慣れな参加者の方々もいる中ではありましたが、参加者、講師、運営スタッフが協力し合いながらの講座となりました。

今回のテーマは「今宿に住む方々をゲストに迎え、インタピューをしてみよう!」です。講座の狙いは、より深く話を聞き出すための「聴く」質問のスキルをUPすること、記事にするための焦点化を意識すること、インタビューの実践を通して、「人の話を受け取る」を実感することです。

グループワーク中心の講座で、少し説明があったあと、アイスブレイクのようなセッションでウォーミングアップしてから、それぞれのチームに入りました。今宿在住の方々に実際インタビューをしてみるという実践型のグループワークです。インタビューした人もインタビューされた人も緊張感の中で、グループワークが進みました。

全体から見て、一言で言い表すとするならば、、、『アツい』講義でした。
まず、『アツい』講師、佐藤倫子さん。

佐藤さんは一般社団法人ママトコラボ理事であり、また非常勤講師として、大学で「ボランティア実践入門」を担当しています。また、子育て支援および子育て期の女性の能力発揮の場を提供するといった活動を、糸島市を拠点に幅広くおこなっていらっしゃいます。

佐藤さんはとても話上手で、しかも楽しい方で、参加者は彼女のトークにくぎ付け!
例えば、「話す」から「放す」へ。自分の話を一度手放す、自分の視野を広げ、客観的に自分を見直す。そうすることで、自分の人生に気づきがもたらされる。
「聞く」から「聴く」へ、「聞く」の漢字にある「門」の中で「耳」で聞くより、「聴く」の漢字のように、「耳」から「目」から「心」から聴くと、より素晴らしいことが聴こえる。
更に、インタビューの英語のつづりは、「Inter」「View」で、つまり「中」の「風景をみる」、相手の中の景色の見え方を引き出して表現する。 

素敵でしょう。私も頷きながら聞きました。いいえ、聴きました。
また、参加者も佐藤さんに負けず劣らず「アツい」です。

参加者のおひとりは、取材も書くのも得意ではないが、今宿が好きでこのような活動に参加することに意義を感じると話してくれました。ほかにも、こどもと一緒に参加してくれているお母さんもいて、その一生懸命さに感動しました。

取材も、今宿のことが大好きな5名の方に協力いただき、取材対象者としてチーム活動に参加いただきました。「自分のことを、初めて別視点から見ることができてよかった」と温かい感想を得ることができました。

このような素敵な参加者、取材に協力してくださった方々とのやりとりをとおして、一緒に活動する運営者として、非常に誇らしく嬉しく思います。今宿は海あり、山あり、何より人あり。何よりこのアツい方たちがこれからの今宿を盛り上げてくれることでしょう。

この記事を見たあなたも、よければ一緒に今宿プロジェクトに参加し、楽しい活動をしながら、アツい仲間を作りませんか。

誰でも簡単に記事の下のコメント欄に、コメントを残すことができます。どうぞお気軽にご感想などご記入いただけると嬉しいです。

次の講座は、九州大学の学生、時川碧海さんの「写真の撮り方」です。 では、またすぐお会いしましょう。

「今宿プロジェクト」がラジオ出演します!

私たちの取組み「今宿プロジェクト」が、ラジオで紹介されることになりました!
ラジオカーが今宿に来て、生中継されますので、
みなさまご存じの「あの」場所が取り上げられるかも?
大学生や地域の方が出演します!

◆エフエム福岡 8月4日(水)14:19~

 ◆KBC 8月5日(木)10:20~ 

◆RKB 8月19日(木)12:34~

ぜひ聞いてくださいね(^^)。

記事作成:西尾幸真 西区企画振興

「今宿プロジェクト」楽しく学べるワークショップ講座 参加者募集

今宿プロジェクトとは:九州大学の学生、西区役所、地域住民、高校生などから構成され2018年に発足した地域活性化プロジェクトです。この活動の一環として、ライター入門講座(全5回)を開催します。

講座では、福岡市西区今宿地区の「よかとこ」を発見・発信していくことをテーマに、ライティングや、写真・映像スキルについて学びます。新しいことにチャレンジしてみたい方、地域でつながりを持ちたい方、どなたでも参加できますので、お申し込みをお待ちしております。

【ライター入門講座(全5回)開催】

日時:8月23日(月)~9月10日(金)の全5回
会場:JA福岡市今宿支店2階大会議室(福岡市西区今宿1丁目1-29)
料金:無料定員:20名※先着順
参加条件:基本的なPCスキル
持ち物:第2回~5回:ノートPC、タブレット、スマートフォンなどの入力機器    第4回:タブレット、スマートフォン、デジタルカメラなどの撮影機器
お問合せ:西区役所地域振興課(092-895-7006 月~金 9:00-17:00)

※本講座は西区役所の助成を受けています
※希望者が定員を超えた場合、5回の講座すべてに参加できる方を優先します
※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、開催方法を変更する場合があります

主催:福岡市西区役所地域振興課、九州大学大学院芸術工学研究院

【スケジュール】
第1回目:8月23日(月)13:30-15:30
1)開講式
2)今宿プロジェクトの紹介
3)講演会「子どもが誇りに思える地域ブランディング」(公開講座)講師:(株) Local & Design 代表取締役 高山美佳氏
4)交流ワークショップ

※こちらの講演会は公開講座となっております。講演会のみのお申込みも可能です。詳しくは添付のチラシをご覧ください。

第2回目:8月27日(金)13:30-16:00
講座と実践「すぐに書かない文章講座」
ライター講座なのにすぐに書かない?記事を書くには準備が命!
講師:一般社団法人ママトコラボ代表理事 尾崎恭子氏

第3回目:9月3日(金)13:30-16:00
講座と実践「取材をやってみよう」
今宿に済む地域の方々をゲストに迎えます。実際にインタビューしてみよう!
講師:一般社団法人ママトコラボ理事 佐藤倫子氏

第4回目:9月6日(月)13:30-15:30 
講座と実践「写真の撮り方」
スマホやデジカメで『映える』撮影や編集のコツを学んでみよう!
講師:九州大学3年 時川碧海氏

第5回目:9月10日(金)13:30-16:00
ワークショップ「今宿のよかひと、よかとこを発信しよう!」
今までの講座で学んだことを実践!記事を書いてみましょう。
講師:一般社団法人ママトコラボ代表理事 尾崎恭子氏

講師紹介】
●高山美佳氏
(株)Local &Designer 代表取締役・地域デザイナー
久留米市在住。巨峰農家に嫁いだのをきっかけに、田主丸町を拠点に、教育や食、景観などの分野において都市と農村をつなぐプロジェクトに携わる。巨峰開植の地、田主丸の歴ウィの掘り起こし、筑後こどもキャンパス、うきは森林セラピーなど、筑後地域のデザインを数多く手掛ける。また地元の耳納山麓の自然環境を守り、文化を育てる「山苞(やまづと)の会」の活動にも取り組んでいる。

●佐藤倫子氏
一般社団法人ママトコラボ理事
非常勤講師として、大学で「ボランティア実践入門」を担当。また、子育て支援および子育て期の女性の能力発揮の場を提供すべく、糸島市を拠点に幅広く活動中。

●尾崎恭子氏
一般社団法人ママトコラボ代表理事
企業・行政からの様々な媒体で取材、執筆、デザイン制作などをてがける。子育て期の女性の多様な暮らしと働き方の提案と実践の一環としてママライター育成の従事。

【お申込み】
ライティング講座(全5回)↓
https://forms.gle/57mxx8SSKZ5XTQRM9

講演会のみ ↓
https://forms.gle/ZduU6sjqrRRPViLA6

お問合せ:西区役所地域振興課(092-895-7006 月~金 9:00-17:00)

姪浜〜今宿を走る乗合バス「なぎさ号」のバス停サインのリデザイン

姪浜〜今宿を走る乗合バス「なぎさ号」のバス停サインのリデザイン

 今宿姪浜線「なぎさ号」は、株式会社姪浜タクシーが運営する、姪浜〜今宿を走る乗合バスです。九州大学の学生を中心とした「今宿うみやまひと」プロジェクトのメンバーが、バス運営関係者らと共に、現状のバス停サインの課題に関するユーザーアンケートを実施。得られた調査を基に、高齢者や海外の観光客など様々な利用者にも見やすく、かつ分かりやすい情報を提供するバス停サインのリデザインを行いました。

リデザイン前のサイン

 令和2年度は、今宿駅バス停・叶嶽宮前バス停・今宿野外活動センターバス停の3箇所をリニューアル。新しいバス停サインは、バスの運行情報だけではなくバス停の周辺観光情報も併せて発信しています。 今後も末永く地域に愛される路線として「なぎさ号」が大勢の方々に積極的に利用されることを願っています。

リデザイン後のサイン