私たちの取り組み

ホーム私たちの取り組み

Project

私たちの
取り組み

「今宿プロジェクト」は、大学生と今宿の地域住民を中心に、九州大学芸術工学府や行政と協力し、今宿地域の活性化を目指しています。今宿の魅力を再発見し、地域内外に発信する活動に取り組んでいます。

「今宿プロジェクト」

2016年から九州大学大学院芸術工学研究院は、Design for SDGs in Fukuoka 2019/ Global Goals Jamのワークショップを運営しています。

2019年9月に行ったワークショップでは、今宿地域の生活の足である乗合バス「なぎさ号」の利用が年々減っている課題を取り上げ、バスに着目した地域活性化の提案を行いました。参加者は、九州大学の学生、西区役所の職員、また今宿の住民、高校生と多様な背景の方々。九州大学芸術工学府の学生と伊都キャンパス共創学部や法学部などの学生たちが中心となり、地域の多くの方々を巻き込んで「今宿Project」を立ち上げました。

本プロジェクトは長期視点で、社会実装を目指すとともに、今宿地域の魅力を多くの人に広く伝え、地域外からの利用・交流の促進に繋げます。2019年度は(点的展開)、歴史、文化、人材など地域資源の発掘2020年度は(線的展開)、バス停のサイン提案及び地域魅力を発信するウェブサイトの制作2021年度は(面的展開)、九大や地域の多くのコミュニティの体制づくりを目標としています。

海あり山あり人あり

今宿にある魅力的な自然、歴史文化、そして今宿への熱い思いを持つ人々をイメージして、九州大学法学部の横川千夏さんが「今宿うみやまひと」というキャッチコピーを考案し、九州大学芸術工学研究院の劉群さんが、それに合わせてロゴマークをデザインした。

今宿の「今」という漢字をベースに、「うみ」と「やま」、そして中央には今宿の情熱を持っ「ひと」という3つの要素を融合したロゴマークとなりました。

メンバーの紹介



張彦芳

九州大学大学院芸術工学研究院講師です。デザインの力で、多くのバックグランドや能力を持つメンバーと共に、生活の中の課題を発掘してアイデアを創出する可能性を探りたいです。若い学生中心のDesign for SDGs地域活性化の実例を作りたいです。

鶴田美和

2016年、九州大学大学院芸術工学研究院 松隈研究室にて、ゲームで楽しみながらリハビリテーションを促進する「シリアスゲームプロジェクト」のスタッフとして従事。2020年より現職であるSDGsデザインユニット コーディネーターとして活動。今宿プロジェクトにより、人口減に直面する地域での活性化へのモデルケースとなることを期待しています。

末本圭子

今宿上ノ原在住8年目。水俣やネパールで環境調査に関わった経験から、風土に根ざした人々の暮らしに興味があります。「今宿プロジェクト」では、地域の魅力や暮らしの知恵を学びながら、地域の中と外がつながるような活動を模索中。

浜地亜紀子

1990年福岡市役所入庁。2018年4月〜西区役所企画振興課にて、西区のまちづくりに関する業務に従事。今宿プロジェクトでは、学生の高い意識と行動力、地域の方の深い地元愛に刺激を受け、ともに楽しみながら奮闘中。

西尾幸真

2017年福岡市役所入庁。2019年9月~西区企画振興課に配属。2019年9月「Design for SDGs in Fukuoka」では テーブルオーナーとしてなぎさ号の課題を提示。今宿プロジェクトでは学生や地域住民に学ぶことも多く、日々新たな学びができています。

劉群

中国山東省出身、九州大学芸術工学府修士2年生、デザインビジネスを勉強中。UI/UXデザインに興味を持ち、ITの力で社会に新しい価値を提供したいと思っている。デザインに関する情報発信や、地域共生やSDGsなど様々な課題に挑戦し続けている。

横川千夏

1999年、熊本県生まれ。九州大学法学部在学中。地域と学生をつなぐまちづくりに取り組む学生団体「iTOP」所属。地域と学生の交流拠点「mulberry house」の立ち上げに携わる。「今宿プロジェクト」では、今宿の魅力を伝えるため、ライターとしても活動中。

朱園

中国語の真珠が名前の由来で、「輝く真珠のような大人に なる」という親の願望が秘められた名前。その名前に相応しい人になるように、 日々努力を重ねることが人生の目標である。 ジブリが留学のきかっけで、高校卒業後に一人で日本に来て、現在は九州大学芸 術工学府の院生として、日本での 9 年目の留学生活を迎えている。

聶健威

中国江西省出身、今は九州大学芸術工学府在学中、専攻は画像処理である。子供の頃から コンピュータの論理演算や算術演算に対して興味を持っている。コンピュータを通じてバーチャルリアリティの世界を作りたい ,普段は国内外問わず、旅行が好きです。旅行の道中はもちろん、旅行前のどこに行くか、どこに泊まるかなどの情報取集や旅行後の写真の整理も楽しいものです。

王明古

現在、九州大学芸術工学府修士一年生。専攻は計算生物学である。暇な時はパソコンゲームをするのが好きで、いろいろなパソコン技術に熱中している。

服藤悠一郎

1999年、大阪府生まれ。九州大学法学部在学中。日本中の鉄道を完乗しようと旅を続ける鉄道オタク。福岡県糸島市で、地域と学生をつなぐまちづくりに取り組む学生団体「iTOP」に所属し、西区桑原のコミュニティスペース「mulberry house」や、筑前前原のイベントスペース「深淵のカシスシャーベット」の運営を通じて、地域の人々の多様な価値観に触れる。最近は地方の交通政策に興味を持ち、関わり方を模索している。

紹介ビデオ

本プロジェクトは、大学生と地域の人々が共に今宿の魅力を再認識でき、また学生と地域の方々の 絆が生まれました。より多くの人々の関心が持たれるよう、活動記録を芸術工学研究院の学生が制作しています。「今宿プロジェクト2019」の活動の映像をどうぞご覧ください。

「今宿プロジェクト2019」映像