福津研修#1〜男女共同参画の視点から学ぶ

福津研修#1〜男女共同参画の視点から学ぶ

2022年7月7日、今宿から福津市へ視察研修が行われました。主催は、今宿校区男女共同参画部会(会長 松本真理子)で、参加者は部会の委員に加え、自治協役員、公民館、今宿プロジェクトの九大生など約30名。コロナ禍の影響で2年にわたり、2度の延期を経ての実現となりました。

松本会長は「女性の考えが地域に反映されることをめざして、学び続けています。」と今宿での活動を紹介。

今宿校区自治会長吉村さんは「今宿は、人口は増えているが、二極化している。今後のまちづくりが課題。女性と男性が協力し合っていかないと難しい世の中になっている。今宿校区のためになるように、福津から学んでいきたい」とあいさつ。

福津から学ぶ

福津市ふくとぴあで、福津市の男女共同参画室地域推進委員、ふくつ男女共同参画協議会「綸りん(りんりん)」、市民ボランティア団体「ふくつながり」のそれぞれの成り立ちや活動が紹介されました。
「綸りん」は、福岡県内で、災害対応カードゲーム教材「クロスロード」の講師を務めています。
ふくつながりは、100人女子会&ふくつマルシェなどを開催し、男女年齢を問わず、幅広い人や、コト、モノとつながりたいという思いで活動しています。そこから、「子育ち応援隊」「居場所づくり」「稼ぐまちづくり」などのグループが誕生しています。

今宿からの参加者は小グループに分かれて、各グループに「綸りん」のメンバーが進行役に入り、にぎやかに、そして気づきの多いクロスロード体験をしました(詳しくは、別記事)

その後、津屋崎千軒へ。地元のガイドさんの案内でまち歩き。
「藍の家」、古民家再生の雑貨店、歴史のある筑前津屋崎人形巧房、豊村酒造、新泉岳寺四十七士の墓碑を巡りました。その後、宮地嶽神社に参拝。(まち歩きについては、別記事)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中